塩抜きダイエット

塩抜きダイエットをして減量に成功しました。
塩分は胃液、胃液は成分は塩酸ですので塩分を取りすぎると塩酸が生成され、胃液がたくさん出るようになります。

胃液がたくさん出るとおなかもすきます。
おなかがすくからたくさん食べる、そして太るという連鎖を断ち切るために塩分を控えるのが塩抜きダイエットです。

日本人は世界的に見ても塩分の摂取量が多いそうです。
私は今までたくさんダイエットを試してきましたがことごとく失敗してきました。
しかし塩抜きダイエットでようやく成功しました。

体重はひどい時で84kgだった体重がみるみる減少し、今は77kgです。
80の大台をなかなか下回らなかったのですが、とうとう70kg台まで痩せることができました。

塩分を取らないもう一つのメリットは水分をほしくなくなる、という点であると思います。
塩分を取るとやはり水分が欲しくなります。
欲しくなるだけでお水やお茶等を飲めばいいのですが習慣的にジュースや炭酸など甘いものを飲むことに抵抗感がないとのどの渇きをいやすためにガバガバと炭酸、ジュースを飲んでしまいます。

塩たっぷりさて、ジュースには恐ろしい量の砂糖が溶け込んでいて、もちろんものすごいカロリーです。
水分を取る時はお水やお茶にしてジュースや炭酸はなるべくとらないようにしましょう。慣
れればジュースを買うお金も節約できますし、日本の水道水は基準が厳しいので安全ですよ。


やはり塩分を多くとっているとご飯もたくさん食べたくなります。
塩分を制限してから本当にお腹がすかなくなりました。
今まで食べすぎていてカロリー過多の状態でしたから、体は体重も減って軽いですし脂肪分も落ちてきて体型もすらりとしてきました。

ただ塩分は生きていくうえで必要な栄養素ですから、必要量だけは確保する必要がありますので、そこだけは気を付けてください。
 塩抜きダイエットは自然と食欲が落ちていきますし、一番お金がかからない方法ですので本当にお勧めします。