上手なダイエット方法は?

ダイエット。それは女性にとって永遠のテーマなのかもしれません。
うまくいったと思ったらリバウンドし、またダイエット・・・なんて、もう当たり前のようにしているのかもしれません。
かくいう私もそのうちの一人なのですが、その中での成功例をご紹介したいと思います。

必要以上に我慢しない!


これはダイエットにとって一番の大敵かもしれません。
ストイックに我慢をすると、かえってそれがストレスとなってリバウンドの原因となってしまいます。
ですので、油を取らない!ですとか、甘いものを取らない!というような徹底した我慢はやめましょう。
もちろん一切の我慢をしないで取りたいだけ取るのもよろしくありませんが『一日にこれだけ取る』というように必要な量は摂取しましょう。
最近はカロリーオフのおやつなどもありますので、そういった食品をうまく利用して快適にダイエットをしましょう。
ちなみに私のオススメは『マンナンライフの蒟蒻畑』です。
適度に噛みごたえがあり、甘さもあるので、とても助けられました。
暑い時期は凍らせて食べるのもオススメです。

空腹対策

ダイエットにとって空腹を耐え忍ぶほど、辛いものはありません。
私は自分で言うのもなんですが、とても量を摂取するのでカロリーオーバーになっていました。
そこで空腹を満たし、かつお腹いっぱい食べる方法として、ここでもコンニャクのお世話になりました。
3食ともコンニャクにするのではなく、カロリーを消費しにくい夜の時間帯に向けて、夕食をコンニャクに置き換えました。
糸こんにゃくを湯がいてスープパスタのソースをかけて食べるという方法です。

和風のソースを使えばカロリーが低めのものもありますし、量を取ってもカロリーオーバーになることはありませんでした。
飽きがくると長続きしないので、いろいろな味のソースを試しました。
料理が好きな方はソースをご自身で作られると、より良いと思います。
ちなみに私はめんどくさがり屋でしたので、レトルトをうまく使って飽きないようにしました。
カレーのレトルトも試してみましたが、カレーはコンニャクと味が混ざらないのでオススメではありません。
しょうゆベースのソースが一番ピッタリでした。

何事も、無理はしない

摂取も大切ですが、消費も大切ということで運動をものすごくイメージしてげんなりとされる方もおられると思います。
ですが、先にも言いましたように、ストレスを感じては絶対に長続きしないので、運動しなきゃ!と思うのはオススメしません。

運動を意識しなくても、階段を使うですとか、電車の中で立つだけでも、日常に自然に消費方法を組み込んでいくことができるのです。
私もなるべく立ったり、歩いたりして、自然に消費するようにしています。
意識しすぎず、自然に。がポイントと思います。